フォルクスワーゲン 自動車 > フォルクスワーゲン ゴルフ > VW ゴルフ に新型ディーゼル投入

フォルクスワーゲン ゴルフ

VW ゴルフ に新型ディーゼル投入

フォルクスワーゲンのこちらの記事に注目
http://car.jp.msn.com/new/news.aspx/article=14933/

日本ではHVがとにかく注目だが、私はディーゼルエンジンに期待を持っている。

フォルクスワーゲンの1.6リットル直4ターボディーゼル「TDI」は、欧州複合モード燃費22.2km/リットル、CO2排出量119g/kmと言う素晴らしい性能を見せているエンジンなのだ。

新型『ポロ』に搭載された物を、ゴルフ、ゴルフヴァリアントに搭載して、新たに販売を開始するのだそうだ。

「TDI」は最大出力105ps、最大トルク25.5kgmを発生するエンジンで、出力だけを見たら大したことは無いように見える。

しかし、最大トルクを1500-2500rpmの低回転域で発生するところが、非常に素晴らしいのである。

間違いなく扱い易いエンジンに仕上がっているに違いない。

ディーゼルの特徴は、低回転域での最大トルクを発生させるところにあるが、「TDI」はその環境性能にも目を見張るところがある。

日本への導入はいつになるのだろうか?

<<フォルクスワーゲンゴルフ、歴代最高の低燃費モデルを追加 | フォルクスワーゲン 自動車トップへ | 5世代目のフォルクスワーゲン ポロ>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。