フォルクスワーゲン 自動車 > フォルクスワーゲン ジェッタ > 新型ジェッタは落着き

フォルクスワーゲン ジェッタ

新型ジェッタは落着き

フォルクスワーゲンのジェッタは、基本的にゴルフのセダンタイプだ。

歴代のジェッタのフロントマスクを見る限り、素人目にもそれがはっきりと分かってしまう。

しかし、新型ジェッタを見る限り、セダンへのデザインアレンジメントは成功しているように思う。

http://autos.yahoo.co.jp/news/photo/143057/1/

特に、リアのデザインはセダンの落着きをしっかりと引き出しているし、フロントマスクの横基調のデザインとかなりマッチしているように思う。

反面、運転席に座り込むと、落着きを失ってしまうような感覚が、私は好きではない。

フォルクスワーゲンのジェッタに期待するのは、何と言っても落ち着いた質感の高い演出だと思う。

新型ジェッタにおいて、その質感は、退化したように感じるのは、私だけか?

搭載されるエンジンは、ガソリンTSIとディーゼルTDIになるのだが、日本にはガソリンTSI系だけだろう。

個人的には、1.6TDIの「ブルーモーション」仕様が、日本に導入されるならば、即決したいくらい。

欧州複合モード燃費24.39km/リットル、CO2排出量109g/kmは、昨今のエコカーブームにも十分対応できると思うのだが、、、。

フォルクスワーゲンでは「全長4600mmクラスのセダンとしては、世界で最も燃費のいいモデル」とアピールするが、日本市場はターゲットにしていないのだろう。


車の買い替えをお考えなら、ガリバーに一度相談して見ては?

<<5ナンバー車のフォルクスワーゲン ポロTSI | フォルクスワーゲン 自動車トップへ | フォルクスワーゲン ポロ1.2TSI>>


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。