フォルクスワーゲン 自動車 > フォルクスワーゲン ポロ > フォルクスワーゲン ポロ1.2TSI

フォルクスワーゲン ポロ

フォルクスワーゲン ポロ1.2TSI

フォルクスワーゲンの小型車といえば、ポロですね。

ゴルフが日本で言うところの3ナンバーとなり、徐々にサイズ拡大して行くにつれてフォルクスワーゲンの小型車ポロもサイズ拡大しています。

サイズが拡大は重量もそれなりに大きくなるので、重量と動力を考えますと排気量も大きくなるはずなのです。

ところが、フォルクスワーゲンの考え方は逆でした。

それがTSIエンジンとなって現れました。

TSIエンジンは1.4Lがメイン排気量でしたが、ポロにいたっては1.2Lを載せて7速DSGのミッションと組み合わせている。

ポロはあまり目立たない真面目な仕上がりのフォルクスワーゲン車で、とても愛着が湧く車だ。

ポロの内外装には、嫌味がなくいつも生真面目さが漂うのだ。

セレブというよりは、お嬢様という方に好まれて愛されるクルマ。

お嬢様がクルマの免許をとって、まず最初に乗るのならフォルクスワーゲンポロだろう。

日本のヴィッツやノート、フィットでは軽いのです。

お嬢様はセレブとは違う品格があります。

BMWやアウディも悪く無いですが、目立つことが嫌いなお嬢様が扱うクルマには品が伴った作りの良さが必要です。

その品格が一番漂う小型車がフォルクスワーゲンポロだと思う。

<<新型ジェッタは落着き | フォルクスワーゲン 自動車トップへ


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。