フォルクスワーゲン その他

フォルクスワーゲン自動車

 フォルクスワーゲンは、ドイツのヴォルフスブルク(Wolfsburg)、ドイツの北のほうに本社を置く自動車メーカーでフォルクスワーゲンとアウディからなっている。

 フォルクスワーゲンには、シュコダ(Skoda)、ベントレー(Bentley)、ブガッティ(Bugatti)とフォルクスワーゲン自身のブランドが含まれている。アウディには、アウディ(Audi)、セアト(SEAT)、ランボルギーニ(Lamborghini)のブランドが含まれている。

 フォルクスワーゲンの歴史は、古くは第二次世界大戦前にナチス政権の国策企業として設立され、その戦後のイギリス軍占領下で復活した。年表上は1937年設立となっている。

 ドイツ語の発音では、「ワーゲン」ではなく「ヴァーゲン」と発音するのであるが、ヤナセがローマ字読みにして販売政策上「ワーゲン」として、慣例化させ認可を取り独日合作の名称が出来上がったというしだいである。ヤナセは、日本人の語感による商品の購買意欲が変わることをよく研究していると思う。

 フォルクスワーゲンの新車をお探しなら、こちら→ドイツ車見積り

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。